Menu

フォーカシング

Home

自分自身の体の声から意外な答えをもらうことが度々ありました。

■Sさん 40代
今回、受講したきっかけは、以前にセラピスト養成講座を受けたときにフォーカシングという療法を初めて知り、もう少し深く勉強したいと思ったことからです。
この療法は、不安や恐れ、肉体的な症状の問題などについて、自分の体に答えを聞いてみる手法です。

通常、問題のある部分に焦点を合わせると苦痛などが伴いやすいと思いますが、この療法は全く逆で、実施後はスッキリと楽になり、答えに対して納得感を得ることができます。
実際にやってみると、自分自身の体の声から意外な答えをもらうことが度々ありました。

自分を見失い、何に向かって進めばいいのかわからなかった私にとって、フォーカシングは暗闇の中に灯った明かりのように、進むべき方向を照らし出し、気持ちを安心させてくれる手放せないものになりました。
自己実現のワークでは、自分の願望達成について宣言文(アファーメーション)を作成することにより、目標を達成していこうとするものでした。

私自身、何をしたいのかさえもよくわからない状況で臨んだので、何を書けばよいのか困っていました。
しばらくすると、なんとなくイメージが湧いてきて、その中の状況やその場にいる自分の感情などを確認しなが書きました。
正直言って私の場合、それが本当に自分が望んでいることかどうかは全くわかりませんでした。

アファーメーションを作成した後、森川さんに確認したもらう際に質問をされることで、今まで想像すらしていなかったイメージやメッセージが湧き出てきて、それを口に出している自分に驚きました。
アファーメーションが完成し終わると、深いところからエネルギーが満ち溢れてくるような感覚になり、自分に少し自信が持てるようになりました。

フォーカシングについては、以前から友人知人に練習をさせてもらっていましたが、この講座を受けたことで、更にもっと多くの人に知ってもらいたいと思うようになり、少しずつ活動の場を広げていきたいと思っています。
そして、自己実現のワークでは、自分が心から本当に望んでいることがわかり、やっと自分の進むべき方向へ歩き出せるようになりました。

このような素晴らしい講座を用意していただいて本当に感謝しています。 ありがとうございました!